忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/18

4月8日「聞くジャニ∞」②

 ・・・さて、1週遅れではありますが、中途半端だったので、8日分のからルポをあげていきますね。

章「えー、今週お送りするのは、関ジャニ∞の曲「大阪ロマネスク」でございます。まあ、大阪の名前が入ってますので、結構、しん?になってきてるんじゃないかな、って思いますので、是非ぜひ、耳を傾けて、リスナーのかたは聞いていただきたいなー、と思います。それでは、えー、1番から聞いて下さい。」
ヒナ「2番から始まったら嫌や(笑)」
(「大阪ロマネスク」が流れる)
章「・・はい!聞いてもらいました!1番!」
ヒナ「はい(笑)」
章「(笑)」
ヒナ「そりゃ、1番からやんけ!今2番や!」
章「(笑)」
ヒナ「・・なんのための番号やねん!」
章「(引き笑い)」
ヒナ「・・びっくりするよ、ホンマに。5分、6分やで?始まって。」
章「なんか、俺、可笑しなこと1つも言ってるつもりはないんですよー?」
ヒナ「・そりゃ、言ってるつもりはないんやろね。」
章「でも、奇異tる皆さんがどう思ってるかわからないですけど」
ヒナ「可笑しな子やな、って思ってるんちゃう??」
章「あのー、これは、可笑しな子じゃないんですよ」
ヒナ「もう、許せるんなら、本間にね、チェンジ欲しいわ」
章「(笑)」
ヒナ「・・誰か。」
章「でも、ここには2人しかいませんから無理ですよ。」
ヒナ「・・いや、スタッフさんでもええよ。ホンマに」
章「関ジャニ∞じゃなくなるじゃないですか!」
ヒナ「ええやん、別に関ジャニ∞やなくて、聞くジャニ∞、って言ってるからええんちゃう??」
章「えー?!だって、だって、俺、出んかったら、顔売れへんもん」
ヒナ「ラジオや!!」
章「(笑)」
ヒナ「顔見えてへんねん!!」
章「・・名前、名前」
ヒナ「・・ホンマに・・・」
章「やりづらくなるやんか」
ヒナ「まあまあ、じゃ、後半、頑張りましょう」
章「頑張りましょう!一旦、CM!」

ランキング参加中です♪クリックして頂けると嬉しいです★ ジャニーズブログランキング blogram投票ボタン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ <お知らせ> ツイッタ―始めました★フォローはご自由にどうぞ★ IDはeighterhinaです♪

ブログの記事もツイッターへ

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 

拍手[0回]

章「聞けメロデラックス~!!」
ヒナ「よっ!」
章「いえーい!さ、今週から、“聞けメロエイトDX"として、ちょっとだけリニューアルしたこのコーナーになりました」
ヒナ「うん、」
章「まあ、内容は、まあ、僕たち関ジャニ∞のメンバーがそれぞれ、最近あった、ここだけの話を語るにふさわしい曲を1曲選曲して皆さんに聞いていただくんですけど、」
ヒナ「話メインになる、ってことでしょ?今まで曲メインやったけど」
章「そうだね。」
ヒナ「だから、BGみたいなことでしょ?曲がね。」
章「BGなの??この、曲にちなんでの選曲ではないんですか?」
ヒナ「曲に、、話にちなんだ、選曲やもんね?」
章「(笑)」
ヒナ「・・頼むで?ホンマに。」
章「俺、どうしたん??・・・じゃ、しらんわ、こんなん聞かれてもな。」
ヒナ「・・誰に聞いてるんや??」
章「・・村上君に聞いた」
ヒナ「・・おまえ、俺に聞いた、って、顔向こう向いてるやん」
章「(笑)あの、じゃ、とりあえず、僕が持ってきた曲を・・」
ヒナ「はい、まず、まあ、いきましょう」
章「安田が選んだのはこれです!」
(曲が流れる)
章「・・実はぼく、ここだけの話、号泣しました」
ヒナ「・・どういうことですか?」
章「まあ、あのー、10月9日に、お姉ちゃんが結婚式をあげたんでしけども、」
ヒナ「はい、」
章「そのときにですね、僕、そのとき、まだこの曲、知らなくて、」
ヒナ「はいはい、」
章「で、式の、最後の最後になったときに、お姉ちゃんがお父さんに対して手紙を読むとき、ガーッってなったんです。そのときのBGMで、これが流れたんです。もう、結婚式の1日前に、お姉ちゃんと話をしてたんです。」
ヒナ「・・誰が?」
章「僕が。・・手紙、どうやって書いたらいい?って姉貴に言われてて、で、俺が言葉、こうしたらいいんちゃうん??とかって、姉貴にそう言ってたんですよ。そしたら、”あ、わかった。ほんなら、こう書く、”って言って、で、俺が姉貴に冗談で、絶対、泣くんちゃう?絶対泣くわ!って言ってたんですけど、姉貴が、”あほか、絶対、泣くわけない”っていつもの調子で言ってたんですよ。明るい感じで。そしたら、もう、式始まって、手紙読みだした瞬間ですよ、もう、やっぱり、重り・・・重りじゃないわ、思いがつまった・・・」
ヒナ「重りやったらあかんやろ!」
章「はい、思いつもったものがあったんでしょうね。あんだけ、普通の顔をしとった姉貴が、もう、ホンマに、ハンカチ片手に持って、シクシク言いながら、」
ヒナ「あー、泣いてもうたんや??・・・そうとう、重い重りやったんとちゃうか?」
章「(笑)思い、です。でも、1日前にはそんなこと言うてなかったのに、そんなことあったから、こっちも、もう、一緒に考えたから、もう、きつ、こんなドンデン返しかよ!って」
ヒナ「ドンデン返しじゃないやろ!(笑)結婚式やったら」
章「1日前、泣かへん、って言ってたから、そんなパターンくるの、こいつ?って思って、ドッキリやん、俺からしたら。」
ヒナ「どう・・・・(笑)まあ、ええわ、まあ、ええわ(笑)」
章「んで、泣いて、泣いて、もう、どうしようかと、思って、でも、サングラスかけて恥ずかしいから、隠してたんや。」
ヒナ「・・結婚式でサングラスしとったの??」
章「・・ばれてたから、」
ヒナ「よーけ、そんな、ええがなー!」
章「恥ずかしかったんですよ、僕なりに。」
ヒナ「なんで恥ずかしねん?!」
章「絶対、泣かんとこう、って思ってたんですよ。・・けど、もう、無理や、って思って、サングラスかけて、こう、見てたんですよ。姿勢正して座って、で、もう、最後、姉貴とお父さんがハグしてたんですけど、」
ヒナ「ああ・・・・お前が、サングラスしとったのに、お姉ちゃん、泣いとったんとちゃうか?」
章「(笑)」
ヒナ「悲しい、って。・・・なんで、サングラスやねん、結婚式に」
章「・・・いや、恥ずかしかったんですよ。もう、ほんまに、泣いてることが」
ヒナ「ええやん!その涙は、綺麗な涙だと思うで?」
章「綺麗な涙やったと思うんですけど、」
ヒナ「そのときに流す涙は。」
章「けど、羞恥心がね、、、」
ヒナ「ホンマ、このBGMに乗っけられてる自分もいるけど」
章「(笑)」
ヒナ「・・・何か。」
章「そんな、結構、力があるんやな、って」
ヒナ「・・・で、これは誰の曲なんですか?」
章「あのー、ネイビー&アイボリーの、“指輪”っていう曲なんですけども、」
ヒナ「おお、結婚式の曲にはええやん」
章「そういうふうなテーマで、もう、これから一緒に暮らしていっても、ずっとずっと一緒にいるから、俺は、お前のことを守っていくから、」
ヒナ「ほおー!ええねえ!」
章「・・・ていう曲を、」
ヒナ「あー、じゃ、結婚式の、」
章「ピッタシ!」
ヒナ「ねえ!新しい曲になんじゃないですか?」
章「これ、もう、絶対、俺、結婚したときに、これ、年代がなんぼになったとしても、歌いたいな、」
ヒナ「・・・歌うんかい?!お前??」
章「俺、歌わんよ!」
ヒナ「流すんとちゃうんかい??」
章「あ!流すんです!」
ヒナ「そうやろ!」
章「そうです、そうです、間違えました。」
ヒナ「うん、ビックリするで!」
章「ごめんなさい(笑)」
ヒナ「はいはい、じゃあ、じゃあ、まあまあ、ええ話を聞きましたんで、」
章「はい、」
ヒナ「じゃ、僕の、選んだ曲を聴いていただきましょう。・・こちら!」
(曲が流れる)←ちなみに、曲は、古畑任三郎のテーマ曲。。
ヒナ「・・・実は、僕、ここだけに話、間違えられたんです。」
章「・・・何を?」
ヒナ「あのね、このあいだ、あのー、食事に行ったわけです。まあ、よく行くお店なんですけど、あの、まあまあ、店長とけっこう、仲いいんです、。そのとき、初めて会った、バイトの子やろうね、”はじめまして”て言ってて、ちょっとは仲良くなったんですけど、まあ、出るときに、”領収書を下さい”って言うたわけですよ。”じゃあ、お名前どうしますか?”って言われて、”じゃ、村上で”って言ったら、そのバイトの子が、“あ、ちょ・・・・えーと・・あれっ?!え?””どうしたん?どうしたん?”」
章「もう、なりますわね、そしたら」
ヒナ「”てん、どちらでしたっけ?””てん???・・・・一個しかないで?”って言ったら、”あ!すいません、間違えてました!これ、ざいかみですよね?”って間違えられ方を」
章「(笑)」
ヒナ「村上の村の右のてんを、はらいよったわけですよ、左に、」
章「ああ!!」
ヒナ「材木の材になってもうて、”材上”ってなってたんですよ。」
章「(笑)」
ヒナ「僕、初めて、この間違えられかたをしたんですよ」
章「今、その間違え方・・・」
ヒナ「この、間違え方まだあったか、ってね、」
章「・・・えー?!」
ヒナ「ここだけの話。」
章「この点、なんや?」
ヒナ「ここだけしか言うてないですよ。で、ホンマ、これはビックリでした。今まで、村上どうしますか、って店長に、抱いた、村長の村に、上下の上で、聞いてけえへん人は、大体ぱらっと、村上って書いてたんですよ」
章「・・そりゃ、書きますわ」
ヒナ「聞いてけえへんから、まあまあ、ほな、村上で、って言うたら、書いてくるのかな、って思って、点、どっちでしたっけ?っていったら、左上から、右下に下りる点なんですよね。1寸、2寸の。」
章「・・・そうなん?」
ヒナ「右かわの。村上は。それを、はらっとるわけですよ。才能の才になっとるわけですよ。」
章「(笑)」
ヒナ「こんな間違えられ方、なかったわ、って言って、」
章「(笑)ありえへんもんね」
ヒナ「ほんまに。今まで、24年間、村上をやってきて、初めて、材上になりました」
章「(笑)」
ヒナ「新しい。だから、そのこには、これから材上ってよんで、って」
章「(笑)・・・なるもんね」
ヒナ「ここだけの話し、、こうなりました」
章「1回目としては、相応しかったんじゃないかな、って」
ヒナ「これ、いいでしょ?」
章「いいですね。」
ヒナ「もうちょっと長い曲やったら、・・・だから、これ、僕、これにしたんですよ」
章「あ、そうなんですか。」
ヒナ「はい」
章「もうちょっと長ければよかった」
ヒナ「お前の、なんか、選曲やったら、前と変わってへんのとちゃうんか??」
章「・・なにが?・・ちゃうやん。俺は、このリアルな感じを伝えたかったから、今回はこの曲を選んだわけで、次回は、もしかしたらぜんぜんちゃうことになってるかもしれない」
ヒナ「ああ、じゃあ、まあ、次回で、」
章「うん。」
ヒナ「しますよ」
章「そうですよ」
ヒナ「はい、」
章「まあまあ、と、いうことで、聞けメロエイトDXのコーナーでした!」

・・続きは次回!!

ランキング参加中!!クリックしてね★
ジャニーズブログランキング



PR

2006/04/17 関ジャニ∞ Trackback(0) Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カレンダー
 
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 
 
拍手♪
このブログが気に入ったらボタンを押してね♪ 
 
 
1日Oneクリック御願いします♪
 
ジャニーズブログランキング  
 
ランキング参加中♪
 
クリックお願いします☆blogram投票ボタン 
 
カテゴリー
 
 
 
リンク
 
 
 
バーコード
 
 
 
最古記事
 
(10/30)
(11/26)
(11/27)
(11/28)
(12/10)
 
 
プロフィール
 
HN:
ララッペ
性別:
女性
職業:
再就職決定しました・・・!
自己紹介:
宮城在住の関ジャニ∞、特にヒナ、こと村上信五さんが大好きです。最近は関西JrのBAD・BOYSも気になりつつある今日この頃です。。(バドボ応援ブログはこちら→「★STAY∞GOLID★」
 お気軽にコメントしてくださいね。また、20代以上のeighterさん、関西JrFanの方、仲良くしましょう♪コメントする勇気がない方はメールフォームからお気軽にメールしてね♪
☆相互リンクも随時募集中です☆
 
 
最新コメント
 
(10/12)
(02/24)
(01/02)
(05/08)
(05/02)
 
 
RSS
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
最新記事
 
(01/15)
(01/14)
(01/09)
(01/08)
(01/02)
 
 
アーカイブ
 
 
 
TWITTER
 
TweetsWind
 
 
 
 
 
ジャニーズ情報
 
 
 
いらっしゃいませ♪